第5話
婚姻費用の負担に押し潰されそうだ…

悲しい_男性65

妻が出て行って3ヶ月。

 

 

最初、妻が家を出ていったときは、寂しかった
どうしても戻ってきてほしかった。

 

 

だが、3ヶ月もすると一人暮らしに慣れてきた

 

 

不思議だ。
あれほど寂しいと思っていたのに。
離婚したくないと思ってきたのに。

 

 

どんな辛いことでも、慣れるものなのか。
人間とは、辛い環境にも適用できるように造られているのだろう。

 

 

俺の第一希望は、相変わらず妻との復縁だ。
我が家に戻ってくるなら、迷わず迎え入れるつもりだ。

 

 

だが、別居期間が3ヶ月経って、俺は精神的に参ってきていた。

 

 

その原因は、婚姻費用だ。

 

 

俺は婚姻費用として、毎月14万円を妻に支払っている。
手取りの40%を支払っている。

 

 

これが、ボディブローの様にジワジワ効いてきているのだ。

 

 

そのせいで、かなりの節約生活を強いられている。
30代後半で、家賃4万円の木造アパートに住んでいる。
食費などもギリギリまで削っている。

 

 

それなのい、妻と子どもに会えないどころが、子どもの写真も見せてもらえない。
しかし、婚姻費用の14万円は支払わないといけない。

 

 

婚姻費用を決めた時は、妻が戻って来ることを期待して払うことに前向きだった。
だが今は、少しでも支払いから逃れたい気持ちでいっぱいだ。

 

 

俺は、婚姻費用のプレッシャーに押しつぶされそうになっていた。

 

 


 

妻が出て行って半年。

 

 

おかしい。
妻が次の手を下そうとしない。
離婚の請求をしてこない。

 

 

離婚したいんじゃないのか!?
妻はなぜこんな別居状態を延々と続けるのか!?

 

 

分かった!
婚姻費用を受け取り続けることが目的か!?

 

 

俺は、妻に婚姻費用として毎月14万円が支払っている。
だが、もし離婚すると、養育費に切り替わる。
そうなると、毎月支払われる金額が下がる

 

 

婚姻費用は毎月14万円だが、養育費は毎月8万円ほどだ。
離婚すれば妻の分の生活費は支払わなくて良くなるので、安くなるのだ。

 

 

一方、妻の立場になって考えると、受け取るお金は多い方が良い。
高い婚姻費用を受け取り続けた方が良いに決まっている。

 

 

別居中の女性にとって、婚姻費用制度は強力な権利だ。
生活するための重要なお金だ。

 

 

だが、妻は実家で悠々と暮らしいているはずだ。
そして、離婚を引き延ばして、延々とお金を搾り取るつもりなのか!?

 

 

婚姻費用を支払い続けることは、俺にとっては最悪な状況だ。
妻にも子どもにも会えていない。
なのに、ギリギリの暮らしを強いられている。

 

 

それに、一人暮らしをして半年も経てば、だいぶ慣れてきた。
妻子と離れ離れの生活が、あれほど寂しかったのに。

 

 

お金の面から考えると、早く離婚したい。
こんなギリギリの生活から早く解放されたい。
そして、一人暮らしの寂しさにも慣れてしまった。

 

 

もはや、俺の方が離婚したくなってきた…

 

 

こうなったら、妻に離婚を考えているかを聞いてみよう。
妻側弁護士に、電話してみた。

 

 

離婚したいと考えていると思いますが、一度話し合いませんか?


 

妻側弁護士は、一瞬間をおいて返事をした。
だが、その返事は俺の期待の真逆の内容だった。

 

 

しゅうごさんの暴言暴力のせいで、奥さま精神的にやられました。
一時、DVシェルターに入り保護されました。
心療内科に行き、診断書ももらいました。

 

今は、離婚についてなど考える余裕はありません。
何らかの進展があれば、こちらから連絡いたします。

 

なお、婚姻費用は支払い続けてください


 

俺のせいで心療内科に行っただと!?
俺は、朝帰りはやめて欲しいと言っただけだ!

 

 

それに暴力も振るったこともない。
精神的にやられたなんて作り話だ。

 

 

さらに、妻側弁護士は追い打ちをかけてきた。

 

 

今回は、しゅごさんの暴力で別居を余儀なくされました。
つまり、しゅうごさんに原因があります。

 

その場合、しゅうごさんは有責配偶者になるので、あなたからの離婚請求はまず認められませんから。


 

有責配偶者だと!?
俺の行動が別居の原因と言ってたな。
そうなると、俺からの離婚請求はまず認められないというのか。

 

 

ただ、当事者なら分かることがある。

 

 

DVシェルターに入ったというのも、心療内科での診断書をもらったのも、俺を有責配偶者に仕立て上げるためだろう。
俺の暴力・暴言をでっちあげるための芝居だろう。

 

 

もう、めちゃくちゃだな!
作り話もいいところだ!

 

 

いったい誰の入れ知恵だ!?
妻側弁護士としか考えられない。

 

 

妻から高い報酬を受け取っているとは言え、とんでもない事を思いつくものだ。
離婚の争いの現場は、ウソと誇張だらけなのか!?

 

 

だが、これで妻の目的がはっきりした。
妻は、あえて離婚はせずに、婚姻費用を受け取り続けるつもりだ。

 

 

もし俺が離婚請求しても、妻は離婚は受け入れないだろう。
俺を有責配偶者だと主張して、離婚成立には反対するだろう。
そうなれば、俺は10年20年という半永久的に、妻に毎月14万円を支払い続けることになる。

 

 

離婚もできない。
妻子にも会えない。
ただただ婚姻費用を支払わさせられる。

 

 

これは地獄だ!
婚姻費用地獄だ!

 

 

最悪な状況だ…。
いくら払い続けても終わらない出口は無いではないか。

 

 

こうなったら、早く離婚したい。
養育費に切り替えて、毎月14万から8万に負担を下げたい。

 

 

あぁ、離婚したい。
なんとか離婚したい。

 

 

だが、妻はこの状態を引き延ばそうとしている。

 

 

もはや、俺の人生に未来は無いのか…

 

離婚相談番外編1_妻側弁護士

 

妻が出て行って3年後。

 

 

とある日の夕刻、
新宿の街を歩いていると、急に女性に声をかけられた。

 

 

女性
「しゅうごさんですよね!?久しぶりです!」

 

 

誰だ?
この女性?
なぜ俺の名前を知っている?

 

 

だが、よく顔を見るとすぐに思い出した。

 

 

女性の名はSさん。
妻と出会った合コンの女幹事で、妻との結婚式にも招待した。
妻がアパレル会社OLだった時の元同僚で、妻とはよく遊ぶ仲だった。

 

 

だが、話していると気になることがあった。
3年ほど前から、Sさんは妻と連絡取れなくなっているらしい。

 

 

俺とSさんは、喫茶店に入って話すことにした。

 

≪妻の元同僚Sさんとの会話内容≫

 

 

妻と連絡取れないっていつから?


 

 

ちょうど3年くらい前です。
何度かラインLINEしたのですが、既読にはなりますが返事が来なくて…。

 

Bちゃん(妻)は元気ですか?


 

 

 

 

 

実は、妻とは別居状態なんだ。
ちょうど3年くらい前に妻が家を出て行って、それからは俺も妻と音信不通…。


 

 

えっ!?
そうだったんですか?
知らなかった…。

 

確か、お子さんいましたよね?
お子さんは、どちらが見ているのですか?


 

 

 

 

 

妻が見ていると思う。
3年前、会社から帰ってきたら、妻は子どもと荷物と一緒にいなくなっていたんだ。
『家を出ます』という置き手紙だけがあった。


 

 

じゃあ、ちょうど私がBちゃん(妻)と連絡が取れなくなった時期と一緒ですね。


 

 

 

 

 

てっきりSちゃんとは連絡を取り合っていると思ってた。
Sちゃんからの連絡も返さないなんて、妻はいったいどういうつもりなんだろう…。


 

 

Bちゃん(妻)は、今どこにいるのですか?


 

 

多分実家だと思う。
けど、実際のところは分からない。


 

 

別居の原因は何なんですか?
もしかして、不倫ですか?


 

 

 

 

 

不倫?いやいや、俺は不倫なんてしてないよ。

 

妻が育児のストレスでいっぱいだったので、土曜夜は遊びに行って良いって言ってたんだ。けど、毎週土曜は朝帰りをするようになって、それで叱ったら、翌週家を出て行ったんだ。

 

というか、Sちゃんは妻と土曜日遊んだりしてたんじゃないの!?


 

 

しゅうごさん!
なんか話が変です!

 

私は、確かにBちゃんと土曜夜に女子会をしていました。
ただ、必ず夜10時には解散していました。
朝まで飲んだ日なんて、一度もありません!


 

 

え・・・!?

 

どういうことだ…???

 

 

 

 

 

 

いやいや、最初の頃は11時くらいに帰って来ていたけど、それからずっと朝4時とか。
家出するきっかけとなった言い争いの日なんて、朝の8時帰りだったよ。


 

 

私たちアパレル会社は店頭対応とかもさせられるので、土日出勤もあるのです。
そのため、金曜夜から朝まで飲むなんて、月に1回あるかどうかです。

 

それに、Bちゃんと会っていたのも、月に1〜2回ですよ。


 

 

なんだと…!?

 

 

 

じゃあ妻は、朝まで何してたんだろう?
毎週毎週、どこに行ってたんだろう?


 

 

実は、その時の女子会で、Bちゃん(妻)が何度も言ってたことがあるのです。
『元カレCから連絡が来た』『元カレと会ってみようかな』って。

 

で、Bちゃんが、何度か私にその元カレC氏の写メを見せてきたんです。


 

 

 

 

 

あぁ、妻の元カレC氏ね。
妻の地元の腐れ縁だったヤンキーでしょ?
俺が妻と付き合うまで、妻はそいつと付き合っていたらしいけどね。


 

 

しゅうごさん。
実は、続きがあるのです。

 

Bちゃんが元カレC氏の写メを何度も見せたから、私はその元カレC氏の顔を覚えたんです。

 

ちょうどその後の9月頃、私、Bちゃんがその元カレCとイオンモールにいる時にバッタリ遭遇したのです。しかも子連れで。

 

私がBちゃんと連絡取れなくなったのは、その時からです。


 

 

な、なんだと!?


 

 

私、最初にBちゃん(妻)の家出の原因について『不倫ですか?』と言いましたよね。
私、Bちゃんと元カレが実は不倫していて、それがしゅうごさんにバレたのが原因かなと思ったのです。


 

 

 

 

 

3年前、毎週土曜の夜から朝まで元カレと会っていたのか…。
Cさんが妻にイオンモールで遭遇した時は、既に元カレと家族同然だったのか…。


 

 

今しゅうごさんから別居の話を聞いて、謎が解けたような気がします。

 

多分、Bちゃんは私に元カレC氏といるとこを見らたので、私からの連絡を断ったのだと思います。


 

 

 

 

 

妻が元カレと不倫…。
全く気付かなかった…。

 

9月にイオンモールで見たのか。
ちょうど別居直後の頃だな。


 

 

もっと早くしゅうごさんと話せてたら…。
それに、そんなBちゃんを合コンに連れてきちゃって…。

 

しゅうごさん、ホントごめんなさい!


 

 

いや、Sちゃんのせいじゃないから。
むしろ色々教えてくれてありがとう。


 

 

しゅうごさん。
もしBちゃんと連絡取れたり何か分かったら、ラインLINEしますね。


 

 

なんということだ…。

 

 

妻は元カレC氏と会っていたなんて。
朝帰りの原因は、元カレC氏との不倫だったのか。
しかも、俺の子どもを元カレに会わせていたなんて…。

 

 

全く気付かなかった…。
妻が不倫していたなんて…。

 

 

なんか、状況が変わってきた。
何か、できることがあるかもしれない。

 

 

そんな時、ネットであるサイトを見つけた。
離婚カウンセラーが離婚相談というものを受け付けているらしい。

 

 

離婚の争いの代理をする弁護士と違い、夫婦問題全般を専門としている。
夫婦の考えの違いや、これから離婚を迎える人の心のケアなども行っている。

 

 

離婚カウンセラーに会うことで、何かヒントが得られるかもしれない。
少なくとも一人で考えていても答えなど出ない。

 

 

一度、離婚相談に行ってみよう!

 

<<第4話へ   第6話へ>>

 

トップページへ

< オススメ大手探偵事務所! >
HAL探偵社
SNSで浮気発見