第4回 離婚相談
W不倫だが妻の方がひどい!妻から慰謝料取れる?

 

離婚カウンセラーの
ミライです。


 

不倫するのは男性(夫)だけではありません。
女性(妻)が不倫する事も多々あります。

 

そして、夫も妻も不倫しているW不倫の例もあります。

 

今回の相談者は、W不倫だが妻の方がひどくて妻へ慰謝料請求を考えている旦那さまです。

 

よく読まれている記事@

婚姻費用で地獄の生活

別居がきっかけで、貧困生活を送る男性の体験記!


よく読まれている記事A

シングルマザーになりました_2.jpg

夫の不倫と暴力が原因でシングルマザーになった女性の体験記!


≪相談の背景≫
妻の素行調査の結果は…

背景を飛ばして相談内容を見る>>

家族構成

イラスト_男性40代

 

(相談者)
夫A氏(40代)
会社員

 

イラスト_女性30代

 

 

妻Bさん(30代)
パート社員

 

イラスト_男の子

 

5歳(長男)
幼稚園児

 

最近、妻の様子がおかしい。

 

 

妻は、半年前にパート社員の仕事を始めた。
子どもが幼稚園に通い始めて、昼に時間ができたからだ。

 

 

妻が働くことに、俺は賛成した。
家にこもってばかりは良くないと思っていたからだ。

 

 

だが、最近なんとなく違和感があることがある。

 

 

まずは、給料だ。

 

 

妻は1日6時間、週5回働いていると言っていた。
時給は1000円らしいので、1ヶ月で12万円程度になる計算だ。
手取り額なら、10〜11万円ほどになる計算。

 

 

だが最近、妻のパート先からの給与明細を偶然見たて驚いた。
すると、手取り額は6万円。推測の半分ほど。

 

 

おかしい。
計算が合わない。

 

 

妻の言っている労働時間と給与が全然合わない。
ホントに週5回働いているのか?

 

 

そして、妻に家にお金を入れて欲しいと言うと、月に2万円だけ入れるという。
他のお金は、近所との付き合いで必要だという。

 

 

だが、ホントに近所との付き合いだけだろうか。
最近、服装と化粧に磨きがかかってきているのだ。
おそらくそのお金は美容や交際費だろう。

 

 

妻には、俺が知らない空白の時間帯がある。
身なりに気を遣うようになっている。

 

 

そして何より、頻繁に携帯をいじっている。
サイトを見ているというより、誰かとやり取りしている感じだ。
俺がのぞき込もうとすると、恥ずかしいからと言って画面を切り替える。

 

 

鈍感な俺も、さすがに怪しいと感じた。

 

 

妻は不倫しているかもしれない。
俺は、こっそりと探偵(興信所)に妻の素行調査を依頼した。

 

男性24_2_悩み51

 

探偵(興信所)に妻の調査を依頼してから1ヶ月後。
調査結果を聞きに探偵事務所に行った。

 

 

妻は不倫しているのか?
不倫などしてないのか?

 

 

あぁ。
できればシロであって欲しい。
不倫なんてしていて欲しくない。

 

 

祈る思いで結果を見た。

 

 

だが、厳しい現実が待っていた。
調査結果は、完全にクロだった!

 

 

俺は報告書を見て、頭が真っ白になった。
なんと、妻は複数人と不倫関係にあったのだ!
この1ヶ月で、計3人とラブホテルに行っていたのだ!

 

男性24_2_悩み60

 

おいおい。
マジかよ…。

 

 

調査員から調査結果を見せられた俺は、何も言えなかった。

 

 

妻は、家事も育児もきちんとやっていると思っていた。
世間はどうか知らないが、我が家は不倫などとは無関係と思っていた。

 

 

そんな妻が不倫だなんて。
しかも、3人もの相手がいたなんて。

 

 

会っていた時間は、子どもを幼稚園に送った後か。
妻は、週5回パート勤務と言っていた。
しかし、実際にはパートは週3回くらいだろう。
他の日は、昼間から堂々と不倫していたのか。

 

 

こんな現実を受け入れることなどできない。

 

 

放心状態の俺に、調査員は色々と説明していた。

 

 

探偵社調査員の説明
探偵・興信所に来ている時点で、結果はほとんどが"クロ"
裁判で不倫が認められるには、複数回の肉体関係の証明が必要
確実な証拠作成には、もう少し調査が必要
調査日数を増やすと、1日当たりの料金は安くなっていく

 

 

俺は説明を受けていたが、内容はほとんど頭に入ってこない。

 

 

結果はクロと分かった。
俺は、それが全てだ。

 

 

妻とは、これからどうしよう。

 

 

離婚か。
それとも再構築か。
すぐには答えが出ない。

 

だが、どちらにせよ不倫の証拠は固めておこう。
こうなったら、とことんやろう。
調査は継続だ。

 

費用は高くなるが仕方ない。
その分、慰謝料で取り返せば良いのだ。
最低でも、不倫相手へ慰謝料請求で取り返せる。

 

 

俺は、迷わず調査継続を依頼した。

 

男性24_2_悩み52

 

妻の不倫を知ってから、妻を見る目が変わってしまった。

 

 

家では家事や育児をしている。
笑顔で俺に話しかけてくる。

 

 

だが、俺がいない時に他の男といるんだろう。
想像したくないようなことをしているのだろう。

 

 

よくそんな2面を使い分けられるな!
俺は、裏の姿を知っているのだぞ!

 

 

だが、もう考えるのもイヤだ。
考えるだけで疲れてくる。

 

 

家ではボーっとすることが増えた。
箸から、よくご飯をこぼすようになった。
夜、2度も風呂に入って妻に注意されたりした。

 

 

仕事にも身が入らない。
しょうもないミスを繰り返すようになった。
メールを関係ない部署に送ってしまったりもした。

 

 

家に帰るのが鬱だ。
妻の顔を見るのが鬱だ。

 

 

生きがいも無く、
ただ生きるだけの毎日。

 

 

そんな時、職場の部下のTさん(女性)から飲みに誘われた。
仕事はできるが、女性としてはタイプではない。
どうせ、俺に夕食と酒をおごってもらいたいだけだろう。

 

 

だが、お酒が入って話を聞いていると、異性として見てしまっている。
かわいくないのに、かわいく見えてきてしまった。

 

 

あぁ…。
俺、最近疲れているなぁ。
妻なんて不倫してるしなぁ。
ええい、もうどうにでもなれっ!

 

 

その日、部下のTさんと初めて男女の仲になった。

 

 

それから、何度か部下のTさんと2,3回飲みに行った。
もちろん飲んだ後はホテルに行った。
全てを忘れて、Tさんに溺れた

 

 

 

それから2カ月後。
再び、興信所に妻の調査結果を聞きに行った。

 

 

妻の不倫相手はX氏、Y氏、Z氏の3人。
それぞれの住所、氏名、勤め先、家族構成などが判明した。
それぞれと複数回ラブホテルに入る瞬間を撮影済み。

 

妻の不倫相手

・X氏:推定40代後半
既婚者、都内〇区在住、自営業者

 

・Y氏:推定30代後半
既婚者、都内〇〇区在住、△▲会社勤務

 

・Z氏:推定30代前半
未婚者、横浜市〇〇区在住、□□会社勤務

 

 

X氏に関しては、妻との会話内容が録れていた。
尾行中の探偵が、レストランで妻の隣のテーブルに座った際に録音できたらしい。

 

 

音声を聞いてみた。
X氏とは、もうかれこれ3年間も不倫しているらしい。
しかも、毎週水曜の昼から夕方にかけて会っている。
肉体関係を持ったと思われる生々しい会話も聞こえてきた。
聞くに堪えられない内容だった。

 

 

結果を知っても、もう何も驚かなかった。

 

 

さすが探偵。
証拠としては予想以上。完璧だ。
相手の特定もしているので、逃がすこともない。

 

 

あとは、これをどう使うか…。

 

 

離婚か。
再構築か。

 

 

子どももいるし、簡単に離婚には踏み切れない。
妻が心から反省するなら、夫婦関係の再構築を試みるべきか。

 

 

しかし、不倫ざんまいだった妻を許せるのか?
信頼関係を取り戻せるのか?

 

 

分からない。
まだ心の整理もついていない。
少しじっくり考えよう。

 

 

 

家に帰って玄関を開けると、妻が待ち構えていた。
妻は、俺を鬼の形相で睨みつけている。

 

 

妻はなんで怒っているんだ?
もしかして、俺が探偵に妻の素行調査を依頼していたのがバレた!?

 

 

俺は、怒っている妻に「おかえり」と言った。
その瞬間、妻は大きめの封筒を俺に投げつけた。
俺は、封筒を受取り、中から書類を取り出した。

 

 

えぇ!?
探偵事務所の報告書!?
俺の依頼していた探偵とは違うぞ!

 

 

びっくりして報告書を開くと、俺が部下のTさんとラブホテルに出入りする写真が入っていた。
時間と場所なども刻銘に記録されていた。

 

 


「あなたの様子が変だったから探偵に調査依頼したのよ。
あなた、まさか不倫していたなんてね!?
慰謝料たっぷりもらうからね!」

 

 

終わった…。

 

 

何が終わったって?
俺と妻の夫婦関係だ。

 

 

もう完全に破綻した。
修復など絶対に無理だ。

 

 

徹底的に闘おう!
もう迷いは無い!

 

 

 

その週末、俺は不倫慰謝料がどうなるか考えていた。

 

 

俺は、妻へ離婚と慰謝料を請求するつもりだ。
ただし、妻からも慰謝料を請求されるだろう。

 

 

俺は、妻の不倫の証拠は持っている。
妻は不倫相手3人と、それぞれ複数回ラブホテルに出入りした証拠がある。
また、X氏とは会話内容も録音されている。

 

 

だが、俺の不倫の証拠も押さえられている。
自らの目で自分の報告書を見たが、証拠能力は間違いないだろう。

 

 

ただし、俺と妻では不倫の程度が全く違う。
妻は3人と不倫していて、最長は3年だ。
一方の俺は、1人と不倫していてまだ2ヶ月だ。

 

 

しかも、俺が不倫をしてしまったのは、妻の不倫の事実を知ったからだ。
衝撃的すぎて、投げやりになってしまっていたのだ。

 

 

W不倫状態だが、どこからどう見ても妻の方が悪質だ。
到底同じ程度とは言えない。

 

 

この場合、不倫の慰謝料はどうなるのか?

 

 

不倫という事実だけを比べて、喧嘩両成敗となるのか。
それとも、不倫の責任が大きい妻に、より高額な慰謝料が命じられるのか。

 

 

こういう特殊な事例は、素人では判断ができない。
一度、離婚カウンセターに相談しに行こう。

男性24_2_悩み52

本気で離婚したい人用
 

絶対に離婚したくない人用
 

※サイト内リンク

≪離婚相談の内容≫
W不倫は、ひどい側が慰謝料を支払う可能性が高い!

背景の要約

相談者夫A氏は、妻Bさんが男性3人と長年不倫関係にあることを知った。
夫A氏は、気を病んで会社の後輩と不倫をし、それが妻にバレてしまった。
夫A氏は、妻の不倫の方がひどいので、妻から慰謝料を取りたいと考えている。

<<戻って相談の背景を見る

 

 

世の中、以外と不倫は多いと思いますが、W不倫も少なくありません。
ただ、Aさんは、奥さまの不倫がショックでつい部下と関係を持たれたということなんですね。


 

 

 

 

 

はい、妻の不倫の事実を知って大きなショックを受けました。

 

そして、心が弱っているタイミングで部下の女性と男女の関係を持ってしまいました。


 

 

なるほど。
奥さまの不倫を知って、気を病んでいたのですね。


 

 

 

 

 

私も不倫したので悪いと思っています。。
ただ、妻は3人もの男性と長期間にわたって不倫していたのに、それを棚に上げて私を責め立てています。

 

もう、人生散々です。
何を信じていいのか分かりません。


 

 

冷静になってください。

 

離婚問題は、持久戦です。
取り乱した方は、どんどん悪い方に進んでしまいます。

 

そもそも、元はと言えば奥さまの不倫が原因ですね。
Aさんが奥さまの不倫の実態を知らないままだと、もっとひどい結果になっていた可能性もあります。


 

 

 

 

 

もっとひどい結果?
例えばどういう結果が考えられるのですか?

 

今以上の最悪の事態など、考えられませんが…。


 

 

最悪の事態としては、こんな例が考えられます。


 

最悪の事態
  1. 奥さまがAさんに不倫を隠したまま、勝手に別居して離婚請求。
  2. Aさんは奥さまの不倫を知らないまま、離婚に合意。
  3. Aさんは、不倫慰謝料はもらえず、親権者も奥さん。
  4. Aさんは、奥さまの不倫を知ることなく離婚し、真実は永遠の闇に葬り去られていた可能性があるのです。

 

 

その点、探偵に依頼して奥さんの不倫を知ったことは大きな予防になりました。
少なくとも、Aさんにとって地獄の事態を回避できていたのです。

 

実際、奥さまの不倫を知らずに離婚に応じている男性は多いですよ。
知らぬが仏と言いますが、残酷な仏もいるものです。


 

 

 

 

 

もはや、何も考えられません。
知っても地獄、知らぬも地獄ですね。

 

もし慰謝料の訴訟合戦になった場合、妻の方がひどい不倫なので、妻から多くの慰謝料を取れませんか。

 

私も不倫をしていましたが、期間は2ヶ月で肉体関係を持ったのは5回未満でした。
一方、妻はX氏と3年、Y氏と2年、Z氏と半年と、3人同時並行で不倫関係にあります。そのうち、X氏とは3年間不倫関係があったのです。


 

 

Aさんも奥さまも、双方の不倫の証拠をつかんでいますが、奥さまの不倫の方が重責度ですね。
奥さまの不倫の方が重責度は高いので、奥さまがAさんに支払うべき不倫慰謝料の方が大きくなる可能性があります。

 

似た状況での過去の判例を紹介します。


判例の紹介

判例@

東京地方裁判所

平成25年3月22日判決

LEX/DB 25512056

夫は、妻の不貞行為を理由に慰謝料を請求した。

 

一方、妻は、
@夫も他の女性と不貞行為にあった
A風俗店を利用して性交をしていた
、と主張した。

 

東京地裁は、妻の主張@は証明されておらず、Aは風俗店の利用が特段問題とされた形跡が無いことから、妻の主張を認めなかった。

 

しかし、総合的に見て、破綻原因が妻の不貞行為のみが原因ではないとして、夫からの440万円の慰謝料請求に対して150万円とした。

 

判例A

東京高等裁判所

昭和58年9月8日

判例時報1095号106項

東京高裁は、夫と妻の双方に有責性があると認めた。

 

だが、妻が夫の職場に非難の電話や訪問などをした行為が異様の感を与えるほど執拗であり、妻の責任が若干思いとして、妻に慰謝料100万円の支払いを命じた。

≪今後について≫

 

まず、不倫慰謝料の基本についてお伝えします。

 

配偶者が不倫していた場合、離婚請求・慰謝料請求が認められるには下の2つの条件を満たす必要があります。
もちろん、その証明もしなければなりません。


 

不倫で離婚が認められるための条件
  1. 配偶者が不倫相手と複数回肉体関係を持った(セックスした)
  2. 不倫が原因となって夫婦関係が破綻した

 

 

不倫を疑っていても、証拠が無いために慰謝料をあきらめざるを得ない人はいます。

 

その点、Aさんは早い段階で探偵(興信所)に依頼して不倫の証拠を掴んでいたのは非常に賢い行動です。もし、この証拠が無ければAさんにとって最悪の結論が待っていたことでしょう。


 

 

 

 

 

探偵に依頼して証拠を確保しておいて、ホント良かったです。
かなり悩みましたが、”探偵への依頼を検討した時点で、だいたいクロ”なんでしょうね。


 

 

離婚問題は情報戦なので、早めに手を打った方が得です。
財産分与、不倫、親権、婚姻費用、養育費などは、準備した分だけ有利に進めることができますから。


 

 

この後、私はどうすべきですか?
こっちから、慰謝料訴訟を仕掛けるべきですか?


 

 

離婚は、準備が重要です。

 

最も重要なのは、お子さまです。慰謝料訴訟になると別居することになるでしょうから、先に子どもを連れて出ていくべきです。

 

もし、奥さまがお子さまを連れて別居した場合、父親が親権を取るのはほぼ無理です。


 

 

 

 

 

なるほど!
子どもは、私が育てていきたいです。
不倫し放題だった妻になんかに親権を取られたくありません。


 

 

次は、財産です!

 

家庭用の共有財産をAさんの管理下に置きましょう。
別居時には何かとお金がかかりますが、家庭用とはいえお金を持っている方が圧倒的に有利です。

 

それに、財産を隠されたり浪費されないためにも、できるだけ手元で管理しておくべきです。


 

 

 

 

 

なるほど!
妻が家庭貯金を管理しているので、なんとか通帳・銀行印を探し出します。

 

離婚や別居となると、することがたくさんありますね。


 

 

はい、特に事前に離婚や別居が規定路線だと、準備は必須となります。
ただ、今苦労した分は後から楽になるので頑張って下さい。

 

そして、お子さまと共に新しい人生を歩んでください。


 

 

 

 

 

ミライさん、ありがとうございます。
人生散々だと思っていましたが、少し未来が見えてきました。


 

 

これから大変だと思いますが頑張ってください!
応援しています!


 

まとめ

W不倫の場合、有責度の高い側が慰謝料を多く支払うことになる!

 

次の離婚相談を見る

第5回 離婚相談へ>>

 

本気で離婚したい人用
 

絶対に離婚したくない人用
 

※サイト内リンク


よく読まれている記事@

婚姻費用で地獄の生活

別居がきっかけで、貧困生活を送る男性の体験記!


よく読まれている記事A

シングルマザーになりました_2.jpg

夫の不倫と暴力が原因でシングルマザーになった女性の体験記!

< オススメ大手探偵事務所! >
HAL探偵社
SNSで浮気発見