≪第36回 離婚相談≫
家が売れないストレスは、無料一括査定で一気に解決!

 

離婚カウンセラーの
ミライです。


 

離婚時には、家を売る人が多いです。

 

 

ただ、家はすぐに売れるとは限りません。
なかなか売れない場合もあるでしょう。

 

 

今回の相談者は、1年以上も家が売れなくてストレスが溜まっている奥さまです。

 

オススメ記事

離婚相談番外編1_妻側弁護士

書籍やネットにも載っていない離婚争いの壮絶な体験記です!



≪相談の背景≫
家なんてすぐ売れると思っていたのに…

背景を飛ばして相談内容を見る>>

家族構成

イラスト_男性60代

 

 

夫A氏(60代)
会社員

 

イラスト_女性40代

 

(相談者)
妻Bさん(50代)
派遣社員

 

イラスト_成人男性

 

25歳(長男)
社会人

 

イラスト_成人女性

 

23歳(長女)
社会人

 

私は、いま夫と別居している。

 

 

1年半前、離婚を前提として別居を始めた。
数ヶ月にわたる話し合いの末、夫がやっと離婚に合意してくれた。

 

 

だが、離婚成立の前に大きな問題を抱えている。
それは、家の売却だ。

 

 

もう1年前から売りに出している。
ずっと買い手を探している状況だ。

 

 

だが、まだ売れる気配は一切無い。

 

 

だんだんストレスが溜まってきた。
全然売れなくて、毎日イライラが止まらない。
家が売れないと離婚できないので、余計にストレスが溜まる。

 

 

どうしてまだ家が売れないの!?

 

 

何か良い方法は無いのだろうか…。

 

女性モデル08_困る21-1.jpg

 

夫A氏とは、元々は会社で先輩・後輩の関係だった。
よく仕事の相談をしたり、仕事後に2人で飲みに行ったりしていた。
そんな私たちが付き合うようになるのは、当然の結果だった。

 

 

交際を初めて2年後、私たち結婚式を挙げた。
会社の上司・同僚を呼んで、披露宴は盛大に盛り上がった。

 

 

妊娠を期に私は退社した。
翌年には長男を、その2年後には長女を出産した。

 

 

長女の出産後に、を買うことにした。
それまでマンションを転々としてきたが、家族の礎となる家を買うことにした。

 

 

私は、買うなら戸建てが希望だった。
だが、東京23区内での戸建てではとてつもなく高い

 

 

我が家は、夫のみの稼ぎで成り立っていた。
この時の夫の年収は約600万円。

 

 

銀行からは、『年収の8倍(約4,800万円)まで貸せる』と言われた。
東京23区内に戸建てを買おうとすると、5,000万円では到底足りない。
とても、都内23区内の戸建てなど買えない

 

 

結局、東京の郊外に戸建て建てることにした。

 

 

新宿からは、電車で1時間以上かかる。
だが、部屋は4LDKで、収納もたくさんある。
なにより、町の雰囲気が気に入った。

 

 

自分たちのを買ったことで、人生観が変わった。

 

 

借り物の住まいでは無く、自分たちの家に住んでいることを実感できた。
これから、家族みんなでこので幸せに暮らしていくのだ。

 

 

幸せいっぱいの家庭だった。

 

 

私は、専業主婦だったこともあり育児に専念できた。
もともと会社でも要領は良い方だったが、幼い子ども2人の子育ては大変だった。

 

 

だが、育児で苦労してもなんとか頑張って2人の子を育てることができた。
それは何より、自分たちの家があるという心構えは大きかった。

 

 

子どもたちが成長するにつれ、は狭くなっていった。
長女が中学生になった時には、私の部屋を長女に与えた。

 

 

代わりに私の居場所はリビングになった。
私の部屋は無くなったが、常に家族と共にいることができたので不満など無かった。

 

 

子どもたちが大学を卒業すると、家が広くなった
それまで4人で暮らしていて狭く感じていた。
だが、子どもたちがいなくなると、急に寂しさを感じるようになった。

 

 

その頃からだ。
夫との関係はギクシャクし始めたのは。

 

 

子どもたちがいなくなると、夫のお酒の量が止まらなくなった。

 

 

夫は元々、お酒が大好きだった。
たまに飲みすぎるときもあったが、子どもたちが夫の飲みすぎを防いでくれていた。

 

 

だが、子どもたちが独立してから、夫のお酒は止まらなくなった
私が注意しても、全く言うことを聞いてくれないのだ。

 

 

次第に家の中が散らかってきた。

 

 

部屋中、ビール缶とつまみの空袋で、ゴミの臭いが漂っていた。
いくら私が片付けても、夫は気にも留めてくれなかった。

 

 

夫の、お酒の量は日に日に増えていった。

 

 

ある日、私は意を決してお酒を控える様に強く言った。
だが、待ち構えていたのは暴力暴言だった。

 

 

平手で私の頬を叩いたかと思うと、数分間は怒鳴りつけてきた。

 


「誰のおかげで飯を食えている!」
「お前なんてもう用済みだ!」

 

 

私は、暴力暴言を浴びながら、夫との未来を考えられなくなっていった。

 

 

そんな日常が1年も経った頃、実家の祖父が亡くなった。
父はある程度の資産を残してくれていた。

 

 

夫は、すぐに私が父の遺産が受け取れることを知った。
その時に言った夫の言葉を聞いて、私は鳥肌が立った。

 

 


遺産が入ったら、俺は仕事を辞めて家でゆっくりしよう

 

 

私の心は、とても傷ついた。

 

 

私が実の父を亡くしたことを慰めてくれない。
それどころか夫は、私が受け取る遺産で酒を飲んで暮らすつもりだ。

 

 

その言葉がきっかけで、私は夫との離婚を決意した。

 

女性モデル08_困る2-1.jpg

 

その後私は別居し、弁護士経由で夫に離婚請求した。

 

 

当初夫は離婚に大反対だった。
だが、私は一切を弁護士に任せて、夫に離婚を請求し続けた。

 

 

私の決意が揺るがないことを悟ったのか、別居後4か月後には離婚に合意した。

 

 

離婚することが決まると、あとは財産分与を決めるだけだ。
子どもたちは独立しているので、親権や養育費は無い。

 

 

財産分与で分ける資産は、貯金と家だ。
その中でも、家の資産価値は大きいだろう。

 

 

20年以上暮らした
子どもたちと暮らした
想い出の詰まった

 

 

だが、夫との直近1年間の暮らしを考えると、辛い思い出で上書きされている。
私にとって、早く手離してしまいたい存在となっていた。

 

 

財産分与にあたって、夫は家を売ってお金を2人で分けることを提案してきた。
夫も、1人で広い家に住むより、1人暮らし用の家の方が良いらしい。

 

 

幸いにも、住宅ローンは残っていない。
ボーナスを早期返済に回していたので、数年前にローンは完済していたのだ。

 

 

家を売ることは決まった。
さっそく、近所の不動産屋売却相談した。

 

 

近所の不動産屋は、かれこれ10年近くも営んでいるらしい。
この周辺の土地勘は詳しそうだったので、すぐに書いても見つかるだろう。

 

 

不動産屋は、『2,500万円で売りに出してみましょうか?』と言った。

 

 

 

近所の私たちは、その不動産屋に任せることにした。

 

 

家を売る時は、離婚成立前に家を売ってお金を分けるのが鉄則だ。
離婚後だと、相手が理由をつけてお金を払わないことがある。

 

 

家が売れたらお金を分けて、それから離婚しよう。
家が売れるまでの辛抱だ。

 

 

だが、それからストレスがどんどん溜まることになった。

 


 

家を売りに出してから3ヶ月。
まだ家は売れなかった。

 

 

不動産屋から時折電話はある。
だが、買いたいと言う人がほとんど現れないというのだ。

 

 

どうしよう。
家を売るのにこんなに時間がかかるのか。

 

 

とりあえず、価格を100万円下げてみることにした。
いつまでも売れないなら、いっそ早く売りたくなっていた。

 


 

100万円値下げしてから3ヶ月が経過した。

 

 

家は、まだ売れてなかった。
時折問い合わせはある様だが、具体的な話には至らない。

 

 

もう疲れてきた。
毎日イライラして、ストレスが溜まりっぱなしだ。

 

 

家が売れなければ、離婚するわけにいかない。
今の様な中途半端な状態をさっさと終わらせたい。
このままでは、ストレスでさらに気が病んでしまいそうだ。

 

 

結局、さらに200万円下げることにした。
当初の価格からは、300万円の値下げだ。

 

 

これなら売れるはず。
最後の期待を込めて待つことにした。

 


 

さらなる値下げから6か月が経過した。

 

 

家はまだ売れてなかった。
値下げした物の、問い合わせもほとんど無い様だった。

 

 

もはや私のストレスMAXだ。
家を売るのにこんなに苦労するとは思わなかった。

 

 

家が売れなければお金が入らない。
離婚も成立させることができない。

 

 

まさか、このままずっと別居と言う状態が続くのだろうか?

 

 

家を売るには、いったい私はどうしたらいいのだろうか!?

女性モデル08_困る11-1.jpg

よく読まれている記事@

婚姻費用で地獄の生活

別居がきっかけで、貧困生活を送る男性の体験記!


よく読まれている記事A

セックスレスで離婚するかも!?

心の底からセックスレスに悩んだ女性の体験記!


よく読まれている記事B

シングルマザーになりました_2.jpg

夫の不倫と暴力が原因でシングルマザーになった女性の体験記!


 
\あなたの家はいくらで売れる!?/
↑↑最短45秒で入力完了!↑↑
 

≪離婚相談の内容≫
無料一括査定で最適な不動産屋を見つけよう!

背景の要約

相談者の妻Bさんは、夫A氏と離婚することになった。
財産分与のため、20年ほど住んでいた家を売りに出した。
しかし、1年以上売れなくてストレスが溜まっている。

<<戻って相談の背景を見る

 

 

本日はどうされましたか?


 

 

 

 

 

私は、夫と離婚する予定<となっています。
ただ、財産分与で資産を分けてから離婚するつもりです。
そこで、今まで住んでいたを売りに出しました。

 

しかし、なかなか家が売れなくて困っているのです。


 

 

離婚成立の前に財産を清算することは良い心構えですね。
家は売りに出してから、どのくらいの期間が経ちましたか?


 

 

 

 

 

もう1年を超えました。
その間、2段階で計300万円も値下げしました。

 

しかし、一向に買い手が現れません。


 

 

なるほど。
不動産屋から報告は受けていますか?
不動産屋は、どう言っていますか?


 

 

 

 

 

定期的に報告の電話は来ます。
売りに出したばかりの時や値下げした時などは、問い合わせはあったようです。

 

しかし、ここ数ヶ月はほとんど問い合わせは無い様です。


 

 

なるほど。
ちなみに、不動産屋は何という名前ですか?
大手ですか?個人経営ですか?


 

 

駅前の〇?不動産です。
個人経営で、よく駅前で賃貸募集の看板を出しています。


 

 

いま、〇?不動産のHPを見ましたが、もしかしたら売買は専門外かもしれませんね。


 

 

えっ!?
専門外!?

 

昨年依頼した時は、そんなこと言わずに引き受けてくれましたが。


 

 

〇?不動産をHPを見る限り、どうやら賃貸が専門の様ですね。
HPでは、主に居住者用の賃貸物件を扱っていることが分かります。


 

 

えっ!?
不動産屋によって、専門分野が違うのですか?


 

 

不動産屋によって、専門は異なります!
どの不動産屋でも賃貸も売買も取り扱うことはできますが、普段扱ってない分野だと良い結果が出ないこともありますね。


 

 

そうなんですか!?


 

 

さらに、売買を専門とする業者でも、マンションと戸建てで得意・不得意が分かれる場合もあります。
他には、物件の地域、価格帯、築年数などによっても、得意・不得意の業者に分かれます。


 

 

 

 

 

得意・不得意もあるのですか!
今のまま売れないのなら、売買が得意な不動産屋に依頼した方が良いですよね?

 

ただ、私にはどこが私の家の売却に強いのか分からないわ。
私は、いったいどうすれば家の売買が得意な不動産屋を見つけられるのでしょうか?


 

 

そんな時は、複数の不動産屋に一括査定を出しましょう。

 

ネットで住所や築年数などを一度入力するだけで、複数社から価格を出してもらえます。
しかも、無料です!


 

\あなたの家はいくらで売れる!?/
↑↑最短45秒で入力完了!↑↑

 

 

 

 

 

無料一括査定ですか!?
1社に聞くのと、複数社に聞くのでどう違うのですか?


 

 

1社に聞いただけだと、その業者がBさんの物件の売買に得意かどうかは分かりません。
最悪なのは、無理して引き受けた結果、長期間売れないままであることです。

 

一方、多数の業者に家を査定してもらうことで、いくつかの不動産屋を比べることができるので、得意かどうかがはっきりわかります。


 

 

 

 

 

なるほど。
複数社に聞くことで、色々な不動産屋を比べられるのですね。

 

ちなみに、どういう不動産屋だと、家の売買が得意だと分かるのですか?


 

 

それは、@高い査定価格を出して、Aその価格の理由をキチンと説明できる不動産屋です。

 

得意分野であれば、高く売れる自信があるはずです。
また、その査定価格を設定した詳しい説明もできるはずです。

 

一方、全く説明などが無かったり、曖昧な説明しかできない不動産屋は、家の売買が苦手だと判断していいでしょう。


 

 

 

 

 

なるほど!
具体的には、どんな内容の説明をしてくる不動産屋は信頼できますか?


 

 

Bさんの家と似た条件の家を、よく売買しているなら合格点でしょう。

 

地域、価格帯、マンションor戸建て、築年数などが似た物件の売買をしているなら、Bさんの家を
『いくらくらいで売りに出すべきか』
や、
『どのような人が買い手候補になるか』
が分かっているはずです。


 

 

確かに。


 

 

また、住宅ローンに詳しい場合もポイントは高いです。

 

買い手が買う時、ほとんどの人はローンを組んで買うことになります。
その時、どこの銀行なら金利が低いとか審査が通りやすいなどを知っていると、似た物件を売買した経験が豊富だと分かります。


 

 

 

 

 

なるほど!
確かに、色々な点で詳しいはずですよね。

 

あと、私としてはできるだけ高く売りたいです。
ということは、査定価格が高い不動産屋に依頼すべきですか?


 

 

査定価格の高さも重要です。

 

高く売れる自信や根拠があるからこそ、高い価格が出せます。
買い手の高く売りたいはずなので、高い査定の不動産屋を選びたくなるのは当然です。

 

ただ、他とあまりにも飛びぬけて高い価格には注意が必要です。
いったん依頼を受け、その後にズルズル価格を下げていく不動産屋もいるので注意です。


 

 

 

 

 

なるほど。
結果的に売れないから下げるならともかく、依頼を受けるために高い価格を提示するなんてズルいですね。


 

 

複数社への一括査定することで、飛び抜けて高い価格を簡単に見抜くことができるのです。


 

 

 

 

 

一括査定すると価格の比較が容易ですね。

 

あと思ったのが、大手の不動産屋に依頼した方が良いんではないでしょうか?
大手の方が実績も多そうですし。


 

 

いえ、大手だから安心とは限りません。

 

Bさんの売ろうとする家は、2,000万円台ですよね?
大手の不動産屋だと、1億以上のビルや一棟マンションを扱うことが多く、戸建ての家だと小さい価格帯になります。

 

そうなると、時期や店舗や担当者に拠りますが、あまり優先的に対応してくれない可能性もあります。


 

 

確かに。
言われてみれば納得です。


 

 

逆に、中小で売買を専門とする業者の方が、積極的に売ろうと頑張ってくれることもあります。
特に、細かい融通が効くのは中小の不動産屋の方がが多いです。


 

 

 

 

 

なるほど。
ミライさん、とても詳しいですね。

 

ミライさんから見て、私は〇?不動産から別の不動産屋に依頼を変えた方が良いでしょうか?どう思います?


 

 

もう1年も依頼していてまだ売れてないのですよね?

 

私は、早めに無料一括査定を取って、戸建ての売買が得意な業者に任せるべきです。
むしろ、半年ほどで売れなければ、他の不動産屋を探し始めるべきです。

 

良い業者が見つかれば、すぐに売れるかもしれませんよ!


 

 

さっそく、一括査定取ってみます。
なんと言っても、無料なのはうれしいです!


 

 

頑張ってください!
応援しています!


 

まとめ

家が半年以上売れなければ他の不動産屋を探し始めるべき!
不動産屋探しは、無料一括査定が効率的!

 

次の離婚相談を見る

第37回 離婚相談へ>>

 


\あなたの家はいくらで売れる!?/
↑↑最短45秒で入力完了!↑↑

あなたの悩みはどれですか?

本気で離婚したい人用
 

絶対に離婚したくない人用
 

財産分与で悩んでいる人用
 

借金で悩んでいる人用
 

※サイト内リンク



オススメ記事

ヤマト氏は、離婚調停を10回も行いました!


・弁護士や調停委員との実際の会話内容
・調停で妻側弁護士と同席して激論した会話内容
・貯金と賃貸用不動産で大変揉めた財産分与の詳細
・養育費や面会交流などの離婚条件
・離婚のそれぞれのステージでどんな心境だったか…


離婚争いの壮絶な現実を、是非ご覧ください!


離婚相談番外編1_妻側弁護士

書籍やネットにも載っていない離婚争いの壮絶な体験記を、是非ご覧ください!


よく読まれている記事@

婚姻費用で地獄の生活

別居がきっかけで、貧困生活を送る男性の体験記!


よく読まれている記事A

セックスレスで離婚するかも!?

心の底からセックスレスに悩んだ女性の体験記!


よく読まれている記事B

シングルマザーになりました_2.jpg

夫の不倫と暴力が原因でシングルマザーになった女性の体験記!

 このエントリーをはてなブックマークに追加