第31回 離婚相談
無断で取り付けたGPSの記録は証拠になるのか!?

 

離婚カウンセラーの
ミライです。


 

不倫の証拠を得るには、車などの移動ではGPSを付けて追跡すると追跡は容易です。

 

ただし、GPSを取り付けたことがバレると、プライバシーの侵害などで違法性を主張されてしまうかもしれません。

 

今回の相談者は、GPSを取り付けた夫の車がラブホテルの入っていく記録を得た奥さまからの相談です。

 

よく読まれている記事@

婚姻費用で地獄の生活

別居がきっかけで、切り詰めた生活を送る男性の体験記!

 

よく読まれている記事A

シングルマザーになりました_2

夫の不倫と暴力がきっかけで、別居を開始した女性の体験記!

≪相談の背景≫
GPSを取り付けた夫の車がラブホテルへ…

背景を飛ばして相談内容を見る>>

家族構成

イラスト_男性40代

 

 

夫A氏(40代)
会社員

 

イラスト_女性30代

 

(相談者)
妻Bさん(30代)
専業主婦

 

イラスト_男の子

 

9歳(長男)
小学生

 

イラスト_女の子

 

7歳(長女)
小学生

 

ある夜の事だった。
就寝中の夫の枕元で、夫のスマホの画面が光った。

 

 

メールかラインでも届いたのかな。
ふと、気になって夫の携帯の画面を見た。

 

 

「今日はありがとう♪
また次楽しみにしているね!」

 

 

えっ!
どういうこと?

 

女性モデル10_悲しい34

 

そう思ったのもつかの間。
次の瞬間にはスタンプが届いて、メッセージは表示されなくなった。

 

 

いまのメッセージは女性だ…!?
もしかしたら…不倫!?

 

 

疑惑どころではない。
不倫をほぼ確信した。

 

 

最近、夫の行動は心にひっかかるものがあった。

 

 

夜遅くに帰宅する日が増えた。
携帯にロックをかけるようになった。
夫婦の夜の営みが明らかに減った。

 

 

そして、あのメッセージ。

 

 

あのメッセージを見るまでは、今までは心にひっかかっているだけだった。
だが、あんなメッセージを見て確信になってしまった。

 

 

どう考えても不倫しか考えられない。
でなければ、あのメッセージは説明つかない。

 

 

夫が不倫しているなんて考えたくない。
けど、もし夫が不倫していたらどうしよう。

 

 

夫は、仕事も家事も育児も熱心だ。
私が会社を辞めて、家事と育児に専念することにも納得してくれた。

 

 

夫とは出会った頃の様なトキメキはもう無い。
以前はハンサムだったが、40代になってからお腹も出てきて頭もハゲてきた。

 

 

だがこの10年間、一緒に家庭を築いてきた。
見た目はおっさんだが、家族としての情はある。

 

 

それに、子どもや生活の事を考えると、簡単に離婚というわけにはいかない。
勢いて離婚して生活に苦労している友人をたくさん見てきている。

 

 

夫がもし不倫しているなら、私がすべきことは何だ?
とりあえず不倫相手を追い払うことだ。

 

 

だが、証拠が無いまま夫を問い詰めても逆効果だろう。
白を切り通して、今後はますますバレないように行動するかもしれない。

 

 

特に、夫が不倫相手の味方をしてしまったりしたら最悪だ。
2人の結束感をより強めてしまうだけだ。

 

 

本当は、今すぐ怒鳴り込みたい。
あのメッセージは何なのか夫を問い詰めたい。

 

 

しかし、はっきりした証拠が無ければごまかされる。
いくら問い詰めてもとぼけるだけだろう。

 

 

となれば、まずは不倫の証拠を得なければ。
言い逃れできない証拠を得なければ。

 

 

だが、どうやって不倫の証拠を揃えようか。
家事と育児をしながらでは、ずっと調査するなんて無理だ。

 

 

夫のスマホは、常にロックされているので見るのは難しい。
それに、夫を追跡したり見張っているなんてことも不可能だ。

 

 

それに、私たちの周りは車社会だ。
私も夫も一人一台車を持っている。
もし、私が自分の車で追いかけると絶対バレるだろう。

 

 

だが、良い事を思いついた。
夫の車にGPSを取り付けよう。

 

 

GPSなら夫の行き先が筒抜けとなる。
GPSを頼りに少し離れて追跡することが可能だ。

 

女性モデル10_悲しい28

 

ある日、夫はい朝から機嫌が良かった。
髪型や服装の気合の入れ方が、普段と全く違った。

 

 

今日、女と会うつもりだな。
女の直感で、確信した。

 

 

子どもを幼稚園に送り届けてから、私はGPSを見張っていた。

 

 

GPSを見ていると、夫の車は午前中は会社の駐車場に止まっていた。
だが、昼過ぎに夫が乗り込むと、隣街に向かって走り出した。

 

 

私は、GPSを頼りに夫の車を追跡した。
車を運転している間、ドキドキが止まらなかった。

 

 

 

昼2時ごろ。

 

 

夫の車は、隣町の駅前にあった。
隠れて見ていると、30歳くらいの女性が夫の車に乗り込んだ!

 

 

あの女か?
あの女が不倫相手なのか!?

 

女性モデル10_驚き1

 

しかし、仕事関係の女性を乗せただけかもしれない。
まだ不倫と決めつけるのは早い。

 

 

私の夫に限って、不倫なんてしてないはず。
仕事関係の人であって欲しい。

 

 

私は、離れてGPSを見張っていた。
そして、距離を取って夫の車を追跡した。
心のドキドキは大きくなっていた。

 

 

夫の車は国道〇〇号線を走っていたが、道沿いのある建物に入っていった。

 

 

私はその建物をみて絶句した。
ラブホテルだった。

 

 

私は、頭の中が真っ白になった。

 

女性モデル10_悲しい35

 

夫の車が建物の中にある間、私は国道沿いに車を止めて考えていた。

 

 

夫は不倫していた。
そして、今まさに女と性交渉中なのだ。

 

 

元々、夫は女と会うかもしれないと思って追跡してきた。
だが実際に不倫の瞬間を見たら耐えられない。

 

 

いつも優しい夫なのに。
子どもを大切にしてくれている夫なのに。

 

 

不倫現場など見なければよかった。
私が気づかないふりをしていれば、今までどおり幸せな毎日を過ごせた。

 

 

今までの幸せは何だったのか。
夫の笑顔は何だったのか。

 

 

先月は、家族で楽しく遊園地に行ったのに。
昨日も、私の作った夕食をおいしそうに食べていたのに。

 

 

夫にこんな裏の顔があったなんて。
夫のあの笑顔は、嘘だったのか…。

 

 

2時間後、夫の車が入り口から出てきた。
私は、持参したカメラで夫と不倫女をバッチリ撮影した。

 


 

その日以降も、GPSを取りを頼りに夫の車を負い続けた。

 

 

夫は、不倫相手と会うパターンは固定されていた。
平日の昼間、隣町に不倫相手を迎えに行く。
そして、郊外のラブホテルで2時間ほど過ごす。

 

 

できる限り証拠集めを頑張った。
いつもハラハラしながら、夫の車の後を付けた。

 

 

ラブホテルに出入りする写真が取れたのは2回。
どちらも、夫と不倫女の顔がはっきり写っている。

 

 

GPSでの記録は、計10回に及んだ。
週に1〜2回の頻度でラブホテル通っていた。

 

 

ラブホテルですることなんて、ただ一つだ。
肉体関係を持ったという固い証拠だ。

 

 

不倫の証拠は固いだろう。
だが問題はこの後だ。

 

 

この後どうするかは、私次第だ。

 


 

色々考えたが、夫とは離婚しよう。

 

 

ラブホテルに入る瞬間を見せられては、もう信じられない。
もはや夫婦としてはやっていけない。

 

 

夫と不倫女には、慰謝料を請求しよう。
これからは私が子どもたちを育てていかなければならない。
私と子どもが元気に生きていくためにも、少しでも多くのお金をもらわなければ。

 

 

GPSを使ったその後の調査で、不倫女の氏名・住所は分かった。
隣町に住む20代のOLだ。
この不倫女にも慰謝料を請求だ。

 

 

不倫の証拠は完璧だろう。
ラブホテルに入る写真が2回。
ラブホテルに毎回2時間滞在したGPS記録が10回ある。
もし夫が不倫を否定しても、この証拠が有れば裁判で認められる。

 

 

だが、少し気になる事がある。
証拠の収集方法だ。

 

 

GPSは、夫の車に勝手に取り組りつけた。
当然、夫の許可を得ていない。

 

 

この場合、「プライバシーの侵害だから証拠にならない」と主張してきたら面倒だ。
もし裁判所が相手の主張を認めたら、GPS記録は証拠能力を失ってしまう。

 

 

GPSが証拠として使えないとなると大きな痛手だ。
離婚請求や慰謝料請求の裁判をしても、負けてしまうかもしれない。

 

 

私にとって、GPSの記録は、非常に重要だ。

 

 

もちろん、GPSの記録だけで証拠にはならない。
だが、写真と併用することで、いつどこで肉体関係が持たれたかの証明になるからだ。

 

 

一度、離婚カウンセラーに相談してみよう!

女性モデル10_悲しい10

オススメ大手探偵事務所
HAL探偵社

< 離婚寸前から復縁する方法! >

< スムーズに離婚する方法! >


よく読まれている記事@

婚姻費用で地獄の生活

別居がきっかけで、切り詰めた生活を送る男性の体験記!

 

よく読まれている記事A

シングルマザーになりました_2

夫の不倫と暴力がきっかけで、別居を開始した女性の体験記!

≪離婚相談の内容≫
無断で取り付けたGPS記録は証拠となる可能性有り!

背景の要約

相談者妻Bさんは、不倫疑惑の夫の車に勝手にGPSを取り付けた。
GPSの記録から、夫が何度もラブホテルに出入りしている記録が得られた。
だが、無断で取り付けたGPSの記録は、裁判となった際に証拠として採用されるだろうか。

<<戻って相談の背景を見る

 

 

配偶者の不倫に気づいた時、不倫を問い詰めるタイミングは重要です。
明確な証拠が無い場合、配偶者ははぐらかしたりして認めることはありません。

 

怪しいと思った時、勢いで問い詰めずによく思い留まりましたね。


 

 

 

 

 

夫が疑わしいと思ったときに問い詰めても、証拠が無ければ開き直られるだけと思いました。
まずは証拠を集めよう、と咄嗟に判断しました。

 

ほんと、あの時は自分の気持ちを制するのは大変でした。


 

 

離婚問題は、準備が全てです。
すぐにでも問い詰めたところですが、証拠が揃うまでは普段通りに振る舞うべきです。

 

不倫の証拠としては、複数回肉体関係があったことを証明する必要があります。
2人でラブホテルに出入りする写真などは決定的な証拠となります。

 

実際に、不倫の証拠を揃えることは難しいです。
特に、不倫調査では常に調査対象を追跡する必要があります。


 

 

 

 

 

私の地域の主な交通手段は車です。
二十歳以上では、車は一人一台です。

 

追跡は、GPSが最も効率的だと思いました。


 

 

GPSはどこで購入されたのですか?
ネット通販ですか?実店舗ですか?


 

 

 

 

 

GPSは、ネット通販で買いました。
実店舗で買うと、人目も気になりますし怪しまれます。

 

費用は掛かりましたが、離婚することになった際には、親権など他の離婚条件も有利になるので、慰謝料以上の効果があると考えました。


 

 

そうですね、証拠集めに10万かかっても、慰謝料で100万円取れたら金銭的には勝ちですね。
また、GPSの記録以外にも、ラブホテルに出入りする写真を撮影するなど申し分ないですね。


 

 

 

 

 

はい、GPSの記録だけでは『駐車場まで行っただけ』など言われるのではと思いました。
そのため、GPSで行き先を把握しながらも、ホテルに入る瞬間は写真を撮る、ということを心がけました。


 

 

得られた証拠は、ラブホテルに入る瞬間の写真は2回分で、ラブホテルに行ったGPSの記録10回ですか。

 

ラブホテルの記録が採用されれば、とても強いでしょうね。


 

 

 

 

 

ただ、気になっている事があるのです。

 

もし協議や調停で話が解決せずに裁判となった場合、夫に無断で取り付けたGPSの記録は裁判で証拠として採用されるのでしょうか?


 

 

もし裁判所に旦那さまの車に勝手にGPSを設置したことが「プライバシーの侵害だ」と判断されるやっかいですね。証拠能力無しとなったら、せっかくの証拠が台無しになるでしょう。

 

しかし、結論から言えば、旦那さまの車に勝手に取り付けたGPSの記録は証拠として認められる可能性があります。
似た状況での過去の判例を紹介します。


判例の紹介

判例@

東京地方裁判所

平成25年10月9日

原告は、配偶者の許可を得ることなくGPS付きの携帯電話を設置して、配偶者の居場所を探索したりした。裁判において、GPSでの追跡によって収集した証拠を提出した。

 

一方、配偶者は「証拠は違法に収集されたものである、証拠能力は無い」と主張した。

 

東京地裁は、『提出された証拠はに無断で収集されたものであるが、当時の原告の精神的・肉体的自由を拘束するものではなく、その方法が著しく反社会性であるとまでは言えない』として、証拠能力を認める判断をした。

判例A

東京地方裁判所

平成27年3月17日

夫の不倫が発覚し、妻が夫の不倫相手に対して慰謝料請求を提起した。

 

原告は、配偶者と不倫相手Xとの不貞行為の証拠として写真やGPSの記録を提出したが、それらの証拠が配偶者や不倫相手Xの意思に反するかやプライバシーの侵害になるかが争われた。

 

東京地裁は、
・配偶者は、証拠として提出された写真・メール・GPSの記録について異議を申し立てていない
・配偶者と不倫相手との不貞行為の立証のため、上記各書証を利用することは訴訟上の信義則に反するとは認めることはできない
として、不倫相手Xの主張を退けて、証拠の能力を認める判断をした。

今後について

 

無断でGPSを取り付けて記録を取得した場合、もし違法だと判断されると証拠能力無しとなってしまいます。

 

平成27年3月17日の判例では、『訴訟の信義則に反するとは認めることはできない』と、プライバシーを侵害は認めつつも、それよりも不倫という不法行為の立証のためが背景だったとして、認めているのです。


 

 

 

 

 

私の場合、年のため2人がラブホテルの建物に入っていく写真も撮りました。

 

ただ、GPSの記録は、場所や時間を特定するための証拠として使えると思います。


 

 

そうですね。GPSの記録だけで、不倫の立証は難しいと考えておくべきでしょう。
GPSの記録は、決定的な不倫の証拠となるとはならないかもしれません。

 

また、GPSの記録しかない場合は、不倫は認められないと考えて良いでしょう。
GPSの記録があったとしても、実際に部屋に入ったかどうかという証明にはなっていないですよね。


 

 

 

 

 

GPSに関して、一つ質問があります。

 

平成29年3月15日に、最高裁は『令状なしのGPS捜査は違法』との判断が出されていますが、不倫調査でも問題とならないか不安です。


 

 

一般的に、民事と刑事では証拠収集方法の基準が異なります。
民事は、証拠の取得方法に関しては甘く見てくれる傾向があります!

 

平成29年3月15日判決の事件はあくまで刑事事件での判例であり、民事事件で同様の結論が出るとは限りません。


(※個別事情は、担当弁護士に御相談下さい)

 

 

 

 

 

なるほど!
勉強になります。

 

じっくり作戦を練って、夫に離婚と不倫慰謝料を請求します。


 

 

頑張ってください!
応援しています!


 

まとめ

GPSの記録は、不倫慰謝料や離婚の裁判で証拠として採用される可能性あり!
ただし、GPSの記録だけで不倫の証明になるとは限らない!

 

次の離婚相談を見る

第32回 離婚相談へ>>

 

 

 

よく読まれている記事@

婚姻費用で地獄の生活

別居がきっかけで、切り詰めた生活を送る男性の体験記!

 

よく読まれている記事A

シングルマザーになりました_2

夫の不倫と暴力がきっかけで、別居を開始した女性の体験記!

 

< オススメ大手探偵事務所! >
HAL探偵社
SNSで浮気発見
 
< 夫婦問題を安価に解決! >