第4回 離婚相談
夫が夫婦の夜の営みに応じてくれない…

 

離婚カウンセラーのミライです。


 

世の中、セックスレスに悩む夫婦は多いです。
結婚して数年経ったり子どもができたりすると、セックスレス状態になる夫婦は多いです。

 

女性側が性交渉を拒否する場合もあれば、男性側が拒否するケースもあります。

 

今回の相談者は、旦那さまが夫婦の夜の営みに応じてくれずに悩んでいる奥さまです。

 

よく読まれている記事@

ささいな喧嘩で、突然妻が家出した!
これが、地獄への入口だった!


婚姻費用(妻への生活費)でお金が無い。
離婚も受け入れざるを得ない状況になる。


だが、妻のホントの別居理由を知ることになる…。


婚姻費用で地獄の生活

≪相談の背景≫
セックスレス状態が辛すぎる…

背景を飛ばして相談内容を見る>>

家族構成

イラスト_男性40代

 

 

夫A氏(40代)
会社員

 

イラスト_女性30代

 

(相談者)
妻Bさん(30代)
会社員

 

イラスト_女の子

 

5歳(長女)
保育園児

 

私は悩んでいる。

 

 

私たち夫婦は、かれこれ3年間もセックスレス状態だ。
なぜなら、夫が夫婦の夜の営みに応じてくれないのだ。

 

 

セックスレスがどれほど辛いか。
夫婦の夜の営みが無いと、日々に刺激が無い。
夫に愛されてないとさえ思ってしまう。

 

 

私の心の声を聞いて欲しい…。

 

 

 

私は、子どもが2歳になったのを機に、3年前に職場復帰した。
それまでは家事と育児だけの毎日だったが、社会に復帰してから世界は変わった。

 

 

育児期間中は、子どもの存在が私の全てだった。
だが、職場復帰したことで人間関係が広がった。
専業主婦も充実していたが、こうやって外の世界の刺激も好きだ。

 

 

毎日職場に行くので、外見にも気を遣うようになった。
雑誌などを見て、30代女性に似合う髪型や服装を意識している。

 

 

元々自分磨きも頑張る方で、内面も外面も気を使っている。
そのためか、職場ではよく美人だと言われる。
社交辞令だと思うので受け流しているが、イヤな気はしない。

 

 

自分磨きを頑張っている理由はもう一つある。
それは、夫にもっと私のことを見てもらいたいという想いがあるからだ。
なぜなら、最近は私を女性として見ていない様な気がするからだ。

 

 

夫とは、結婚してもう10年経つ。
最初はラブラブだったが、夫にとって今の私は一人の女性ではなく家族という存在になった様に思える。
交際時や子どもが生まれる前とは、明らかに私を見る目が変わった。

 

 

だが、私はまだ『女性』として見て欲しいと思っている。
もっと私を求めて欲しいという気持ちがある。

 

 

それに、女性が30歳を超えたら、”そういう気持ち”が強くなるとも聞く。
仕事に復帰したからか、育児が落ち着いたからか分からない。
2,3年前ほどから、夫婦の夜の営みがもっと欲しいという強く思う様になってきているのだ。

 

 

だが、夫は全く夜の営みに応じてくれない。

 

 

言葉で誘っても無視される。
雰囲気で求めても気付いてくれない。
下着を新しくしても、全く気付いていない。
ベッドで触れても払いのけられる。

 

 

夫とは、完全なセックスレス状態なのだ。

 

 

思い悩んで、既婚の女友達に相談してみた。
周りの女友達は、今でも夫婦の夜の営みはあるようだ。
新婚時よりも頻度は減ったものの、毎月1,2回はしているらしい。
少なくとも、毎回断られることなんてないと言う。

 

 

私に魅力が無いのが原因なのかとも思った。
しかし、友人達は大丈夫だと言ってくれる。
むしろ、美人なのになぜ夫が求めないのか気に謎らしい。

 

 

ある友人は、私の夫の不倫を疑った。
夫婦の営みが無いのは夫が他で処理しているからでは、という理由だ。

 

 

だが、夫に不倫の兆候は見なれない。
帰宅も早く、怪しいところなど無い。
それに、全くモテるタイプではないので疑い余地もない。

 

 

結局女友達からは、一度きちんと話してみるように、とアドバイスされた。
そして、断られても簡単に諦めないように、とも言われた。

 

 

思えば、交際前は夫が必死に追いかけてきた。
それが、今はこんなに立場が逆転してしまうなんて…。

 

 

だが、まだあきらめてはいけない。
なんとか、夫の気持ちを振り向かせてみよう。

 

女性モデル13_悩み50

 

その夜…。

 

 

子どもを寝かしつけから、ベッドで寝転んでいる夫の横に横たわった。
そして、夫に寄り添って触れてみた。

 

 

しかし、夫は私の体を押し返した。
今日も避けようとしている。

 

 


「すまん。仕事で疲れているんだ」

 

 

それでも、引かなかった。
必死に食い下がった。
今日こそきちんと話をしないと。
もうこんな枯れた毎日はイヤだ。

 

 

私はまだ33歳だよ。
もう女として終わったなんて思いたくない。
たまにキレイって言われるんだよ。
このままセックスレスが続くなんて耐えられない。

 

 

だが、夫から帰ってきた言葉は予想を遥かに超えたものだった。

 

 


「そもそも、もう結婚して何年経ったと思ってるんだ。
10年だぞ、10年!
それだけ一緒にいたら、もう女としても魅力なんて感じないよ。

 

 

それなのに、赤とかピンクの下着とか来て近寄ってくるなんて、正直気持ち悪い。
そんなことされると、ますます魅力を感じない。
わざとらしいし、目ざわりだからやめて欲しい。

 

 

それに、子どもが欲しいなら分かるけど、行為が目的なんて。
どうしてもしたいなら、自分で処理しとけば?」

 

 

私は、何も言い返せなかった。
ベッドから飛び出すしかなかった。

 

 

その日、夜遅くまでリビングで泣いていた。

 

 

夫は私をそんな風に思っていたなんて。
今のままでは、女として自信を無くす一方だ。

 

 

かといって、夫以外の男性と遊ぶなんてありえない。
私にとって、不倫なんて考えられない。

 

 

私は、誰かに抱かれたいのではない。
愛する夫に抱かれたいのだ。

 

 

女は、夫に大事にされたいんだよ。
話し合って触れ合うことで、愛されていると感じたいんだよ。

 

 

もう、こんな毎日はイヤだ。
一生セックスレスなんて耐えられない!

 

 

このままだと、
私の心がダメになってしまう!

 

 

その事件があってから、私は夫に距離を感じるようになった。
どれだけ求めても応じてくれなかった。
そして夫は、『私を完全に女性として見ていない』と言い切った。

 

 

あそこまで言われたら、もう改善の余地はなさそうだ。

 

 

私は、夫婦関係の維持に夜の営みは重要だと考えている。
愛し愛される行為で、妻として女性として存在意義を感じるのだ。

 

 

夫婦の夜の営みが無いなら、もう離婚しか無い!
もう、セックスレスは耐えられない!

 

女性モデル13_悩み56

オススメ大手探偵事務所
HAL探偵社

< 離婚寸前から復縁する方法! >

< スムーズに離婚する方法! >


よく読まれている記事@

婚姻費用で地獄の生活

別居がきっかけで、切り詰めた生活を送る男性の体験記!

≪離婚相談の内容≫
セックスレスで離婚成立は可能!

背景の要約

相談者妻Bさんは、夫A氏とのセックスレスに悩んでいました。
いくら妻が求めても、夫は応じてくれないのです。
夫婦の営みを重要視する妻は、夫との離婚を本気で考え始めていました。

<<戻って相談の背景を見る

 

 

交際時や結婚当初は、夫婦の夜の営みはどのくらいのペースだったのですか?


 

 

 

 

 

交際時や結婚当初は、だいたい週4〜5回のペースでした。
それが、結婚2年が経つ頃から減りだして週1〜2回になりました。

 

4年前に子づくりしようとした時は、一時的に週4〜5回のペースに戻りました。
しかし、子どもを産んでからは、夜の営みは完全に無くなってしまいました。


 

 

夫婦の夜の営みは、どちらから誘うことが多かったのですか?


 

 

 

 

 

以前はほとんどが夫からでしたが、結婚2年以降は私からの方がやや多かったです。
そして、今は私からばかりです。ですが、毎回断られてセックスレス状態です。


 

 

旦那さまは、Bさんの再三の誘いにも関わらず、夫婦の夜の営みに応じようとしないのですね。
断られた記録などは残していますが?


 

 

 

 

 

はい、断られた日を記録しています。
私がいつ夜の営みを誘ったのか、私自身がどんな努力をしているのか手帳に記録しています。


 

 

協議や調停になれば、実際の記録が重要となります。
その記録は続けてください。

 

ちなみに、セックスレスを解消したい理由をお伺いして良いですか?


 

 

 

 

 

私は、いま33歳です。
夜の刺激が欲しいという気持ちもありますが、一番重要なのは夫と触れ合いたいとか愛されたいという気持ちが大きいです。

 

夫の事は今でも愛していますが、一緒にいることと夜の営みの両方があって、強く愛されていると感じるのです。


 

 

女性としても自然な考えですね。
女性にとって、夜の営みは愛を感じる瞬間でもありますからね。

 

それにBさんは、旦那さまとのセックスレス解消に向けて相当努力もされたのですね。


 

 

 

 

 

セックスレス解消に向けた努力は相当したつもりです。

 

夫が仕事の帰宅が遅い日は、誘わないようにしていました。
誘う頻度も週に1,2回など、負担にならないように気を付けています。


 

 

旦那さまの状況もちゃんと見てらっしゃるのですね。


 

 

 

 

 

もちろん、外見にも気を使っています。
服装や髪型やメイクなども、夫の好みに合わせる努力をしました。

 

しかし、夫は私からの再三の誘いにも関わらず夫婦の夜の営みにに応じようとしません。それどころか、意を決して訴えたら、私の自尊心をないがしろにする言葉をかけてきました。


 

 

外面だけでなく内面なども夫に合わせようと頑張ってらっしゃるのですね。
よっぽど、旦那さんのことが好きなのですね。


 

 

 

 

 

ただ、私の努力も虚しく、結局セックスレスのままです。

 

私は、夫婦の夜の営みは重要だと考えています。
セックスレスの状態だと、夫はただの同居人としか思えません。


 

 

その様な考えの人は男女問わず多いです。
よく『夫婦喧嘩してもセックスすれば仲直り』という名言がありますが、かなり的を得た内容だと思います。


 

 

 

 

 

ホント、そうです!

 

特に私は、夫から求められることで愛情を感じるタイプなのです。
そのため、何をしても夫とのセックスレスが解消されないので、本気で夫と離婚したいと思っています。

 

ただ、協議だと、私が夫に離婚を切り出しても、夫が合意しなければ離婚できませんよね。
裁判となった場合、セックスレスで離婚は認められるのでしょうか?


 

 

過去の例では、セックスレスが原因で離婚が認められた例はあります。

 

似た状況での過去の判例を紹介します。


判例の紹介

判例@

京都地方裁判所

昭和62年5月12日判決

判事1259号92頁

夫に性欲が無いにもかかわらず、結婚する際に妻に告げておらず、3年半の同居期間中に性交渉は無かった。

 

京都地裁の判決では、
『婚姻は男女の精神的・肉体的結合であり、(中略)婚姻後長年にわたり性交渉の無いことは婚姻を継続しがたい重大な事由にというべき』
として、婚姻前に性交不能を告知しなかったことなども理由として離婚を認めた。

判例A

岡山地方裁判所

平成3年3月29日判決

判事1410号100頁

同居期間中、夫は妻に夫婦の夜の営みを拒否し続けられた。
妻が夫と性交できない理由は、妻が性交渉に精神的に耐えられないと医師に判断されていた。

 

岡山地裁は、
・婚姻とは子どもの育成が重要な目的となされるのが常識であり、夫婦間の性交渉は通常行われるべき営みである。
・当事者(夫)が、性交渉に期待する感情を抱くのは自然である。
・妻は原告と婚姻関係にありながら性交渉を拒否し続けて婚姻を破綻させた。
として、不法行為責任に基づいて精神的苦痛を慰藉すべき義務がある、との判断を下した。

今後について

 

なるほど。
セックスレスが原因で離婚成立や慰謝料が認められた例があるのですね。


 

 

色々お話をお伺いしたところ、Bさんの場合は離婚を考えるのはまだ早いと思います。


 

 

えっ!?
なぜそう思うのですか?

 

私は、本気で離婚の可能性を考えていますが。


 

 

では、今旦那さんが『今日、夜の営みをしよう』と言ってきたらどうしますか?

 

応じますか?
断りますか?


 

 

応じるに決まっています!
迷う余地など一切ありません!


 

 

その返事の時点で、離婚は止めておいた方が良いです。
私が離婚しても良いパターンは、『絶対イヤ』と断言する場合です。

 

夜の営みをしたいと思える状況では、離婚すればますます辛くなるだけです。


 

 

・・・。


 

 

Bさんは、セックスレス解消に向けて色々試みておられます。
しかし、できることはまだまだあります。

 

今は、Bさん一人で相談に来られましたが、一度夫婦でカウンセリングを受けられてはどうですか?Bさん以外の人から話を聞くことで、旦那さまの本音を聞けるかもしれません。


 

 

確かに!
私に言いにくいことがあれば、私以外の人が話を聞いた方がいいですね。


 

 

そうです。

 

それに、男性は外に意識を向ける生き物なので、敢えて他人から伝えた方が真剣に聞こうとします。家庭の問題は、どんどん他人を交えて話し合うのが効果的なのです。

 

奥さまからすると、Bさんが何かを言っても『また妻が何か言ってるよ…』と軽視する傾向があります。その場合は、敢えて他人から言ってもらう方が効果的なのです!


 

 

なるほど、確かに夫には第三者から話した方が効果はありそうですね。


 

 

はい、ぜひ第三者を交えて話してください。
そして、焦って離婚に突き進むことはしないでください。

 

先ほど私がBさんに「旦那さんが『今日、夜の営みをしよう』と言ってきたら、どうしますか?」と質問すると、奥さまは自然と笑顔が出てきていました。その表情は、夫の事を心から愛している女性の表情でしたよ。


 

 

ミライさん。
なんでそこまで分かるんですか!?

 

勢いで離婚なんて考えてしまって、自分が恥ずかしいです。


 

 

ただ、セックスレスというのは、背景に難しい問題を抱えている場合があります。
私は離婚カウンセラーとしてBさん伝えておかなければなりません。

 

それは…。


旦那さんの不倫の可能性…

 

旦那さまとのセックスレスの原因ですが、旦那さまに不倫の疑惑や兆候などはありませんか?


 

 

 

 

 

えっ!?
夫の不倫ですか?

 

夫が不倫しているなんて、考えたことありませんが…。


 

 

セックスレスになる原因の一つに、不倫があります。
不倫相手がいることが原因で、配偶者との性交渉が無くなるという人は一定数いるのです。

 

もし旦那さまに不倫相手がいた場合、いくらBさんが化粧や髪型を変えても、夫を振り向かせるのは至難の業です。


 

 

 

 

 

えぇー!?
夫に不倫の可能性??

 

そんなこと、考えたこともなかった…。


 

 

今、Bさんはセックスレス状態から離婚を考えるに至りましたが、もし旦那さまが不倫をしていたらどうでしょうか?

 

離婚請求された旦那さまは、『しめしめ』と思うかもしれません。
離婚すれば、堂々と不倫相手を交際できるのですから。

 

それに、不倫しているのに、それを知らずにBさんが離婚を突きつけてしまっては、Bさんは知らない間に大きな損をしているという可能性があります
不倫を知らなかった場合、本来もらえるはずに不倫慰謝料をもらわずに別れることになるのですから。


 

 

確かに・・・。
もし夫が不倫していたら、私が何も知らずに恐ろしいですね。


 

 

もちろん、現段階で旦那さまが不倫しているかどうかは分かりません。
ただ、知らないより全てを知ることが、セックスレス解消や、場合によっては離婚の判断材料となるでしょう。


 

 

 

 

 

今まで、夫の不倫など考えたことも無かったです。
セックスレスは、全て私の責任だと思っていました。

 

私は、どうすれば良いのでしょうか?
夫が不倫しているのに、それを知らずに離婚したら、夫を不倫相手に略奪されたみたいで許せません!


 

 

それはですね・・・

 

(離婚カウンセラーの〇〇による説明)


 

 

 

 

 

なるほど。
不倫相手がいた場合、不倫相手にギャフンと言わせれば良いのですね!

 

現段階では夫が不倫したかどうかは分かりません。
ただ、知らないよりも全てを知ってから判断すべきだということはとても理解できました。

 

以前のラブラブだった頃の夫を取り戻すためにも、できるだけ頑張ってみます!


 

 

頑張ってください!
応援しています!


 

まとめ

セックスレスは、『婚姻を継続し難い重大な事由』として離婚も慰謝料も認められる!

 

次の離婚相談を見る

第10回 離婚相談へ>>

 

 

 

よく読まれている記事@

ささいな喧嘩で、突然妻が家出した!
これが、地獄への入口だった!


婚姻費用(妻への生活費)でお金が無い。
離婚も受け入れざるを得ない状況になる。


だが、妻のホントの別居理由を知ることになる…。


婚姻費用で地獄の生活

< オススメ大手探偵事務所! >
HAL探偵社
SNSで浮気発見
 
< 夫婦問題を安価に解決! >