≪婚姻費用地獄体験記 あとがき≫

私は、妻が突然別居し、それから3年間別居生活を続けました。
もちろん、ずっと婚姻費用を支払い続けました。

 

ただ、今だからこそ反省すべき点があります。
自分なりには、できる限り自分を守る対応をしてきていたつもりです。
それでも、『あの時こうしておけばよかった』と思えることがあるのです。

 

いま別居や離婚に直面している人に、
私の反省点3つをお伝えしたいと思います。

 

反省点@ 怪しいと感じた時は早めに調べておく

配偶者の行動について、『怪しい』とか『いつかは注意しよう』と思ったままだと、急に事態が進展してしまうと証拠をつかめなくなってしまいます。

 

証拠をつかんでいなかった場合は、どれだけあなたが説明しても慰謝料は取れません。その様な事態にならない様、早めに証拠は掴んでおくという意識が大切です。

 

ちなみに、『配偶者の帰宅が遅くなった』『朝帰りが続く』『最近スマホにパスワードをかけた』などは、どう考えても不倫の兆候です。気付いた瞬間に行動に移すべきです

 

反省点

妻が初めて朝帰りした時点で、妻の行動を調べておくべきでした。

 

元カレC氏との不倫が発見していれば、妻が不倫にのめり込むのを食い止めたり、離婚に至った場合でも不倫慰謝料(100〜300万円程度)を取れていたでしょう。

意識改善@

怪しいと思ったら、探偵社に相談しよう!

 

(格言)"探偵"が思い浮かんだ時点で、ほぼ不倫しています!

 

反省点A 本気で困ったら早めに誰かに相談する

困難に直面した際、一人で考えていたら決して冷静な判断などできません。むしろ、盲目的な判断を下してしまい、状況はより悪化してしまいます。

 

良い例が、恋愛相談です。

 

他人の恋愛相談には冷静に対応策を練れるのに、自分が悩むと冷静な対応ができなくなりませんか?むしろ、後で後悔するような行動を起こしてしまったりしませんか?

 

本当に悩んだときは、冷静な判断などできないのです。困ったときほど、友人・親族・カウンセラーに相談すべきです。

 

反省点

妻が家出した時、私は妻と共通の友人など数人に相談しただけでした。

 

本来であれば、幅広い友人に聞いたり相談したりすれば何かした解決の糸口がつかめたかもしれません。
また、言いにくいことがあれば、弁護士やカウンセラーに相談しておけば、何かしらアドバイスが得られたでしょう。

 

特に、もし早い段階で妻の元同僚Sさんと話していたら、妻が元カレC氏と一緒にいる証拠をつかめたかもしれません。

 

そうすれば、不倫を思いとどまらせたり、不倫慰謝料の請求ができた可能性があります。

意識改善A

悩みが大きければ大きいほど、周りの意見を聞こう!

 

 

 

反省点B 家や車などの売却時は、一括査定で高く売却可能に!

別居や離婚となると、夫婦で築いてきた資産を売却する場面が出てきます。
家(不動産)、車、家具などです。

 

それらの資産をできるだけ高く売却するには、一社にだけ売価を聞くのではなく、複数社に価格査定を依頼すべきです。そして、最も有利な条件(価格など)を基に、売却を進めるようにしましょう。

 

反省点

生活費節約で車の売却を決意した時、近所の中古車屋にだけ売却価格を聞き、売却しました。
しかし、後で調べたら複数社に一括査定すれば10万円以上は高く売れそうだった。

意識改善B

家や車の売却は一括査定でできるだけ高く売ろう!

 

まとめ

これらに共通することは、『行動は早い方が吉!』ということです。

 

私の場合、妻が家を出ていった後、妻側弁護士から通知書が届いて、言われた通りに婚姻費用を払い始めました。そして、そのまま延々と婚姻費用を3年間も支払い続けていたのです。

 

しかし、朝帰りした段階で素行調査したり、妻が家出した時点で離婚カウンセラーか弁護士に相談に行っていれば、結果は違っていたかもしれません。

 

 

別居や離婚の際は、受け身では絶対いけません。
しっかり調べて行動すべきなのです。

 

 

そして、その行動は早ければ早いほど結果は吉と出ます!
私の様に、3年も経って妻の不倫を知っても意味がないのです!

 

 

ミライの離婚相談100選!

当サイトでは、離婚カウンセラーのミライによる離婚相談事例が公開されています。

 

普段なかなか聞くことができない離婚の悩みを見ることで、参考になることがあるかもしれません。

 

 

<<第7話へ   離婚相談 第1話へ>>

 

トップページへ